ニュース、イベント情報



ニュース

2022年12月9日

第8回(2022年度第2回)産業応用ライダーセミナー開催のお知らせ
レーザセンシング学会 産業応用ライダープロジェクト調査委員会では、会員向けにオンラインセミナーを開催しています。産業応用が進むライダーに関わる技術の基礎、最新動向、将来像等を各分野の専門家や第一人者を招いてわかりやすく解説して頂きます。第8回産業応用セミナーでは、株式会社 XTIAの今井一宏氏をお招きし、光コム干渉を用いた距離計測、形状計測についてお話しいただきます。

 開催日時:2023年1月27日(金) 15:30~17:00
 講演題目:光コム干渉による高機能光計測
 講師:株式会社 XTIA 今井 一宏
 場所:オンライン(Zoom)
 講演概要:電気光学変調方式の光コムと光コム干渉を用いる距離計測、形状計測について紹介する。光波の飛行時間法(Time of Flight:TOF)による距離計測は長さの定義に即した直接的な計測法であるが、電子回路の帯域制限があるためフェムト秒の時間分解能、またはマイクロメートルの距離分解能を達成することは困難である。光コムを干渉計の物体光と参照光として利用すると光コムが潜在的に持つ時間分解能を損なわず電子回路周波数帯域での処理が可能となって、高速、高精度のTOF距離計測が可能となる。本講演では計測器への組み込みに適した電気光学変調方式の光コムと光コム干渉の原理と応用事例を述べる。
 参加費:レーザセンシング学会会員:無料
    非会員の方は入会*を条件に無料で参加可能です。
 参加申込み:以下のページにある聴講登録フォームからお申し込みください。
     https://laser-sensing.jp/lrsj-webinar/
 お問合せ先:
   椎名(千葉大) shiina(at)faculty.chiba-u.jp  (*(at)は@)
   今城(三菱電機)Imaki.Masaharu(at)dc.MitsubishiElectric.co.jp
 *レーザセンシング学会への入会はこちらから。(入会費無料、年会費2000円)

2022年10月28日

レーザセンシング学会誌第6号(3巻2号)「特集: 産業応用ライダー」を発行しました。学会誌のページをご覧ください。会員の皆様にはpdfファイルをダウンロードいただけます。

2022年9月3日

第40回レーザセンシングシンポジウム
ご参加ありがとうございました。LSS40ホームページ廣野賞審査結果を掲載しました。

2022年8月24日

日本光学会主催(本会協賛)のOptics & Photonics Japan (OPJ) 2022が、2022年11月13〜16日に、宇都宮大学工学部(陽東キャンパス)・栃木県総合文化センターで開催される予定です。詳細はOPJ2022ホームページをご覧ください。講演申込締切は8月25日です。

2022年8月23日

衛星地球観測コンソーシアム(CONSEO)設立シンポジウムのお知らせ
CONSEO事務局から、CONSEOの設立および設立シンポジウムの開催に関するプレスリリース発出されました。 https://www.jaxa.jp/press/2022/08/20220801-1_j.html
レーザセンシング学会も衛星地球観測CONSEOへの入会申込みをしております。

2022年7月27日

レーザセンシング学会ニュースレター第9号を発行しました。バックナンバーはこちらをご覧ください。





入会のご案内



入会をご希望の方は下記のWebフォームから、正会員あるいは学生会員の入会登録をお願いいたします。
    正会員 登録フォーム
    学生会員登録フォーム
なお、Webフォームからの登録が困難な場合には、下のexcelファイルをダウンロードいただき、ファイルに記載のメールアドレスにお送りください。
(Excelファイル:正会員登録フォーム学生会員登録フォーム)。

賛助会員(団体、個人)の入会につきましては、賛助会員登録フォーム(excelファイル)により登録いただきますようお願いいたします。

(年会費は、正会員: 2,000円、学生会員: 500円、賛助会員: 一口20,000円です。)

一般社団法人レーザセンシング学会 
事務局長 永井 智広(気象庁気象研究所)